便利グッズ PR

【口コミ】joie ベビーカー 「スマバギ4WD」を1年間使用して分かったメリット・デメリットを紹介

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

今回はお出かけの心強い味方である「ベビーカー」について紹介します。

ベビーカーは長く使う物ですし、安い買い物でもないので後悔しないベビーカーを購入したいですよね。

そこで今回は、実際に私が愛用しているイギリス発祥の人気ブランド「joie(ジョイー)」のベビーカーについてお話をさせていただきます。

子どもが生後1ヶ月の頃から1歳になる現在まで、約1年間使用したからこそ分かったメリットやデメリットを中心に紹介していきますのでぜひ最後までご覧ください。

子どものための大切な買い物になりますので、悩んでいるあなたの参考になれば嬉しいです。

結論:1年間使用した感想

1年間使用した感想としては

  • 「大満足!」

この一言に尽きます。

正直に言ってしまうと今回購入した、joieの「スマバギ 4WD」しか使用したことはないんですが、それでもこのベビーカーを購入して良かったと思っています。

1年間使用した今でも愛用していますし、子どもの成長に合わせて使い方も変えられるのでこれからもずっと使い続けると思います。

ここからは約1年間使用して感じたメリットとデメリットを紹介します!

joie  Sma Baggi 4WDについて

簡単にはなりますが、今回紹介する商品の詳細です。

商品詳細
  • 商品名:両対面式ベビーカーSma Baggi 4WD(スマバギ4WD)
  • 定価:33,880円(税込)
  • 対象年齢:1ヶ月〜体重15kg(約3歳ごろまで)
  • 重量:約5.8kg
  • 保証期間:購入後1年
  • 安全基準:SG
サイズ

背面時:幅45xD90xH101cm
対面時:幅45xD102xH98cm
折畳み:幅45xD31xH102cm ・座面の高さ:51cm
・背面時ハンドル高さ:101cm
・対面時ハンドル高さ:98cm
・座面:W約30×D約36cm
・ステップ高さ:24cm
・ガード高さ:68cm
・タイヤ直径:14cm(前後とも)
・タイヤ幅:1つ2.5cm、全体11cm(前後とも)

ずけ

楽天などの通販サイトであれば、定価よりも安く購入することができます。

私も楽天で安く購入しました!

そのほかにも、2人乗りや3輪のベビーカーなど様々な種類があります。

また、私が購入した「スマバギ 4WD」よりも約10,000円ほど高い上位商品があります。

【公式】ベビーカー (両対面) Sma Baggi 4WD Signature ( スマバギ シグネチャー )【レインカバー付き】 katoji KATOJI カトージ

違う点として、

  • ハンドルグリップがレザー仕様
  • 上質な生地を使用
  • シートにバネが加わり衝撃吸収性UP

といった機能がありますが、個人的には現状のタイプで大満足でした。

生地や素材の違いが大きいので、機能性に大きな変わりはありません!

メリット

男性が押していても不自然じゃない

デザインがシンプルなので、男性の私が押していても恥ずかしくなかったですし、不自然に見えなかったのが良かったです。

買い物に行く時や公園に遊びに行く時など、一人で行くこともあるのでお出かけしやすかったです!

もちろん女性にもおすすめなシンプルなデザインになっています!

360度回転のタイヤでスイスイ

タイヤが360度回転するので、前後はもちろんのこと左右や斜めなど急な方向転換にも対応できるのが良かったです。

人通りが多い場所に行くときに、通行人や物を避けたりする時にストレスなく対応することができました。

片手で広げられる

ベビーカーに子どもを乗せるときは、片手で抱っこしていることがほとんどです。

そのため、片手で広げることができる「スマバギ4WD」はとても便利でした。

赤丸で囲んでいる部分を押しながら上に引っ張ることで広がってくれます。

片手で広げるのは少しコツが入りますが、組み立てが複雑じゃないのがおすすめポイントです。

シート下のカゴが大きい

画像のように、シートの下部分にメッシュ生地のカゴがついています。

買い物に行った時や、公園などにお出かけをするときも荷物を入れることができるのでパパやママの負担軽減につながります。

ずけ

私の場合は、天候に合わせて調節ができるように常に毛布などを入れるようにしています。

フードの機能性が良い

子どもを紫外線や光から守ってくれるフードですが、画像のようにかなり深いところまで被せることができます。

子どもが寝ている時は深くまで下ろす。寝ていない時は影ができる程度にするなど、調整できる幅が広いところがいいなと感じました。

また、フードが一部メッシュ仕様になっているので、夏場など通気性が良くなるところも魅力的です。

個人的には、メッシュ生地になっているところから子どもの様子を伺うことができたのでいちいち正面まで行って様子を見なくてもいいのが良かったです。

切り替えが簡単

対面と背面での切り替えを、ハンドルの横の部分についているレバーで簡単に行うことができます。

レバーを上に引っ張るだけですぐにできるので簡単です。

散歩中に子どもが不安で泣き出した時など、すぐに対面に切り替えて落ち着かせることができたので良かったです。

リクライニングの調節が簡単

リクライニングの調節も後ろについている紐を引っ張ることで調節することができます。

子どもが寝ている時はフラットまで下げることもできますし、散歩やお出かけの時は景色が見えるように上げることが可能です。

上に起こした状態

フラットな状態

紐を引っ張るだけの簡単な調整なので、途中で寝てしまった時も静かに調整することで起こさずにフラットにすることができました。

前のバーが開くので乗り降りもラク

私の場合はあまり使う機会はなかったのですが、前についているバーを画像のように上に広げることができます。

抱っこで引き上げる負担が少なくなるのでママにはおすすめの機能だと思います。

片手で簡単にできるのもポイントです。

折りたたんでコンパクトに収納

ベビーカーって意外に大きくてお出かけする時や保管する時など、収納スペースに困りますよね。

joieのベビーカーはコンパクトに折りたたむことができるので収納も簡単でした。

画像のように玄関の少しの隙間の中に収納できました。

また、我が家はいつも車の中に入れて保管してるのですが、こんなに狭いトランクでもピッタリと収まってくれたので大変助かっています。

生後1ヶ月から〜3歳ごろまで使用可能

ちょうどお出かけをしても良いくらいの時期である、生後1ヶ月から使用することができます。

小さな時から使えるように、頭を衝撃から守ってくれるクッションもついているので安心でした。

実際に子どもを乗せた写真になりますが、頭を包み込んでくれています。

移動中も頭が左右にぐらつくこともなかったので気持ちよく寝てくれていました。

また、小さな体がベビーカーから落ちてしまわないか心配だったんですが、5点式のベルトでしっかりと固定することができたので良かったです。

フットレスもついているので、足の負担なども軽減することができたと感じています。

子どもも気持ちよくくつろいでいました。

デメリット

シートが洗えない

肩ベルトカバーとクッションは取り外して丸ごと洗濯できますが、本体のシートを取り外すことができません。

クッションがあるので本体が汚れることはあまりありませんが、汚れた時はウエットティッシュなどで拭き取るしかありません。

シートのカバーも取り外せたらベストだったなと感じました。

ずけ

なるべく汚れないようにするために、布やおくるみなどを下に敷くようにして対策をしています♪

ちなみにクッションについては、画像のように取り外して洗うことができます。

洗うことができるので衛生的にもいいです。

走るとタイヤがグラグラする

急いでいる時などに、ベビーカーを押して走る機会が何度かありました。

その時に、スピードを出しすぎるとタイヤが「ガタガタ」と音を立ててグラついていたので少し不安になりました。

スピードを出しすぎなければ問題はないので、注意すれば大丈夫です。

ずけ

お散歩など日常生活で使用する分には、もちろんグラつきなどは感じないので安心してください。

まとめ

ポイント

メリット

  • 男性でも使いやすい
  • 360度回転のタイヤでスイスイ
  • 片手で広げられる
  • シート下のカゴに収納できる
  • フードの可動域が広い
  • リクライニングの調節が簡単
  • 1ヶ月〜3歳ごろまで長く使える

デメリット

  • シートが洗えない
  • 走るとタイヤがぐらつく

いかがだったでしょうか?

コンビやピジョンなどのメーカーからも1ヶ月から3歳ごろまで長く使えるベビーカーは販売されていますが、相場はだいたい4万円〜6万円するものばかりです。

しかし、今回したjoieの「スマバギ 4WD」であれば3万円前後で購入することができ、そのうえ機能性もしっかりと揃っているのでコスパ最高だと感じています

赤ちゃんはもちろん快適ですが、使用するママパパにも嬉しい機能ばかりなのでぜひ検討していただければと思います。