子育て PR

1歳 市販されているおすすめのお菓子10選|実際に食べてみた感想も

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

子どもにとってお菓子は大切なエネルギー源であり、色々な栄養素を補給するために必要不可欠なものです。

しかしその分、添加物やアレルギーなど色々なことにも注意することが必要です。

お菓子選びは子どものことを大切に思うからこそ、悩んでしまいますよね。。。

そこで今回は、そんな子ども思いなあなたのために!

1歳児におすすめのお菓子について紹介していきます。

  • 健康に配慮したお菓子の選び方
  • 美味しく食べるための工夫
  • おすすめのお菓子10選

など役立つ情報を盛り沢山でお届けします!

実際に購入して食べてみた感想も紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

子どもにとってのお菓子とは

「おやつ・お菓子」と聞いてしまうと悪い印象を受ける方もいるかもしれませんが、1歳以降の子どもにとっては必要なエネルギーを補うために大切なものです。

また、パパやママにとってもお出かけの際にご機嫌をとってくれる大切な仲間のようなものです。(少し言い過ぎかもしれませんが。。。笑)

栄養の補助として

子どものエネルギーを補給するためにも、しっかりと炭水化物が取れるものがおすすめとされています。

また、3食の食事だけでは不足してしまうような

  • カルシウム
  • 野菜(ビタミンなど)
  • タンパク質

が取れるものがおすすめです。

野菜嫌いな子どもであれば、上手にお菓子を取り入れることで不足しがちな栄養素を補うことができます。

ご機嫌を取るため

外出先などでどうしてもお腹が空いてしまったり、機嫌が悪くなる時があります。

そんな時にちょっとしたお菓子を持ち歩いていると、子どものご機嫌を取ることができます。

機嫌よく過ごしてくれると、パパやママもストレスが少なくすみます。

機嫌が悪いからと言ってお菓子のあげすぎには注意しましょう。

お菓子の選ぶポイント

どのようなお菓子でもいいかといえばそうではありません。

  • 味が濃すぎる
  • 添加物が多く使われている
  • 幼児向けではない

など気にしたいポイントがあります。

パッケージの表示などを確認して、「1歳から」など子ども向けに発売されているお菓子を選ぶようにしましょう。

お菓子を選ぶ際のポイントとしては

  1. 色々な種類を与える
  2. なるべく柔らか食感のもの
  3. 食べやすい大きさか
  4. 添加物を控える
  5. 栄養価があるもの

の5つがあります。選ぶ際の目安として使っていきましょう。

色々な種類を与える

色々な種類を与えることがおすすめな理由としては、子どもの好みを見つけるきっかけになるからです。

1歳ごろは味覚が発達途中であり、どの味が好きか分からない場合があります。

そのため、色々な種類のお菓子を試すことで、好みを見つけるきっかけになります。

例えば、甘いものだけではなく、塩味のお菓子や、果物を使ったお菓子などを試すことで、食の幅を広げることができます。

また、色々な種類のお菓子を与えることで、飽きずに楽しんで食べることができるようになります。

なるべく柔らかく食べやすいもの

なるべく柔らかく食べやすいものを選ぶ理由としては、乳歯が生えそろうまでは約2年ほどかかり、歯がまだ十分に生えていないためです。

また、硬いお菓子を食べると、噛み切れずに喉に詰まる可能性もあります。

通常のクッキーやビスケットなどは硬いものが多いですが、1歳児用のビスケットやクッキーは唾液などで溶けやすくなっています。

そのため、パッケージに「1歳児から」などの表記が書いているものを購入しましょう。

食べやすい大きさか

1歳ごろはまだまだ噛み砕く力も弱く、飲み込む力も弱いため食べやすい大きさかどうか注意してあげましょう。

大きな場合は、あらかじめ一口だいに小分けにしてから食べさせてあげるのがおすすめです。

また、口の中の水分を奪ってしまうクッキーやケーキなどは、飲み物と一緒に少しずつ食べるなどより注意することが大切です。

添加物・アレルゲンの確認

食品添加物は、食品の品質を維持するために使用される化学物質のことで、保存料や着色料、甘味料、防腐剤などが含まれます。

添加物については、パッケージに表示があるので必ず確認するようにしましょう。

また、食事であればアレルギーを気にする方も多いと思いますが、お菓子にもアレルギー物質が含まれていることがあります。

小麦や卵、乳製品、エビなどが含まれていることが多いので、こちらもパッケージの表示を確認するようにしましょう

お菓子の添加物やアレルゲンが気になる場合は、果物や手作りのお菓子を与えるのもおすすめです

栄養価があるもの

3回の食事だけでは、1日に必要な栄養量を取り切ることはとても難しいです。

そのため、子どもの成長に必要な

  • タンパク質
  • カルシウム
  • 野菜(ビタミン)

などの栄養素を補うために必要になってきます。

お菓子を選ぶ際は、パッケージの表示を確認して「カルシウムが摂れるのか」「野菜が摂れるのか」など確認しましょう。

市販のおすすめお菓子10選

ここからは市販されているお菓子の中からおすすめのものを10個選びましたので紹介していきます!

紹介する内容は、以下の項目になります。

  1. 内容量
  2. アレルゲン
  3. 栄養素
  4. 味・感想

実際に食べてみた感想も載せていますので、参考になれば嬉しいです。

すぐに購入もできるように、リンク先もついているのでぜひ試してみてください。

1.1歳からのサッポロポテト

created by Rinker
¥1,534 (2024/06/23 02:59:33時点 楽天市場調べ-詳細)
  1. 内容量:8g×4袋セット
  2. アレルゲン:小麦
  3. 栄養素:野菜入り
ずけ

大人用のサッポロポテトと比較すると、うす味になっています。

また、短くなっているので子供が一口で食べても問題ない大きさです。

手もベタつかないので片付けも楽です。

2.しまじろうボーロ

しまじろう ベビーボーロ 14g×6パック【7ヶ月〜】【お菓子】
  1. 内容量:14g×6パック
  2. アレルゲン:卵、乳
  3. 栄養素:カルシウム入り
ずけ

しまじろうボーロは、不足しがちなカルシウムがしっかりと摂れるようになっています。

一つ一つが小さいので、口に手で食べ物を運ぶ練習にもおすすめです。

3.アンパンマンふんわりコーン

東ハト それいけ!アンパンマンふんわりコーンやさしいしお味 7gX4P×15個 【送料無料】
  1. 内容量:7g×4袋
  2. アレルゲン:小麦
  3. 栄養素:カルシウム入り
ずけ

コーンの優しい甘さが特徴的なお菓子です。大人としてはものたりませんが子どもにとっては十分です。

香料不使用、ノンフライなので安心です。

喉に詰まりにくいようになっているのも嬉しいです。

4.1歳からのカッパえびせん

  1. 内容量:8g×4袋
  2. アレルゲン:えび、小麦
  3. 栄養素:カルシウム
ずけ

通常のカッパえびせんのように塩気はなく、うす味でエビの風味を強く感じられます。

子どものためにうす味になっています。

また、油不使用なのも嬉しいポイントです。

5.和光堂 クッキー&ビスケット

  1. 内容量:3種類×3袋
  2. アレルゲン:卵、乳。小麦、大豆
  3. 栄養素:カルシウム、鉄
ずけ

添加物などは最小限に抑えられているので、安心して食べさせています。

また、不足しがちな鉄分も一緒に摂ることができます。

3種類のクッキーやビスケットが詰め合わせになっているのでこれひとつ買っておけば飽きることもありません。

大人が食べても美味しかったですよ!

6.アンパンマン ビスケット

  1. 内容量:84g(42g×2袋)
  2. アレルゲン:乳、小麦、大豆
  3. 栄養素:カルシウム、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンD
ずけ

内容量が多いので1袋を2〜3日に分けて食べています。

また、1枚が少し大きいので割ってからあげています。

ボリューミーで栄養素もしっかりと摂れるのでおすすめです!

7.ハイハイン

  1. 内容量:53g(2枚×16個包装)
  2. アレルゲン:なし
  3. 栄養素:カルシウム
ずけ

米粉や野菜などの素材を使用しており、添加物は使用せず、また塩分も控えめに設定されているのが特徴です。

個包装にされているので、持ち運びにも便利ですし長持ちするので嬉しいです。

8.マンナ ボーロ

  1. 内容量34g(約10袋)
  2. アレルゲン:卵
  3. 栄養素:ビタミンB1、B2、D、カルシウム、鉄
ずけ

添加物は使用されておらず、それに加えて栄養機能食品になっています。

とても小さく小分けにされているので、外出先のちょっとしたおやつの時間などに役立ちます。

9.やさしいミニアスパラ

  1. 内容量:56g(14g×4袋)
  2. アレルゲン:小麦
  3. 栄養素:カルシウム、DHA
ずけ

大人から子どもまで美味しく食べられるビスケットです。

カルシウムに加えて、DHAも取ることができるのが嬉しいポイントです。

息子はこのお菓子が一番好きで、少し硬いお菓子ですがバリバリ食べています!笑

10.たべっ子どうぶつ BABY

  1. 内容量:63g
  2. アレルゲン:小麦
  3. 栄養素:カルシウム、DHA
ずけ

みなさんが一度は口にしたことがある、たべっ子どうぶつの子ども用です。

香料や合成着色料。化学調味料は使用されておらず、子どものためのお菓子になっています。

口溶けの良いビスケットになっているので子どもの食べる練習にぴったりです!

その他

その他のおやつでおすすめなのが、この2つです。

  • 蒸しパン
  • 1才からのスポンジケーキ

どちらも持ち運びには向かず、自宅で少し手を加えて作るものになります。

と言っても、材料を混ぜてレンジでチンするだけで、フワフワの蒸しパンとスポンジケーキが出来上がります。

蒸しパン

本当に簡単で、

  1. 付属のカップに粉と水を入れる
  2. 電子レンジで加熱する
  3. 出来上がり

とても簡単ですよね!

また、付属のカップを使うので食べ終わった後の片付けも必要ありません。

ずけ

簡単に蒸しパンができたのでビックリしました!

少し食べてみましたが、フワフワで美味しかったですよ!

1才からのスポンジケーキ

子どものお祝い事などでケーキを用意したい時ありますよね。

そんな時のおすすめなのが、「ピジョン 1才からのレンジでケーキセット」です。

こちらもスポンジはレンジでチンするだけでできてしまいます。

あわせてデコレーション用のクリームもついているので、子どもの初めてのケーキにおすすめです。

ずけ

実際に息子の1才の誕生日は、こちらのケーキにフルーツをトッピングしてお祝いをしました!

とても美味しそうに食べていたので嬉しかったです。

おまけ:お出かけに便利なグッズ

お出かけの時にお菓子が余って、持ち運びに困ったということありませんか?

そんなお悩みを解決してくれる便利グッズが「お菓子ホルダー」です。

お菓子ホルダー

お菓子ホルダーは、その名の通りお菓子を入れて持ち運びができるものです。

フタがついているので、必要な時にお菓子を取り出せて、余ってもフタをしておけばまた食べることができます。

そのため、外出中にお菓子が余っても簡単に補完することができます。

また、こぼれにくいように仕切りがついているのでボロボロと床にこぼしてしまうことが少なくなります。

外出するときに本当に便利なので、1つは持っていても損はしません。

もっと詳しく知りたい方はこちらからどうぞ!

【口コミ】お出かけに便利なお菓子入れとは?おすすめのお菓子入れを4つに厳選! こんにちは。一人息子との外出が好きな「ずけ」です。 子どもと外出した際に機嫌をとってくれるパパやママの強い味方「お菓子」ですが、...

まとめ:おやつタイムを楽しもう

お菓子選びのポイント
  1. 色々な種類を与える
  2. なるべく柔らか食感のもの
  3. 食べやすい大きさか
  4. 添加物を控える
  5. 栄養価があるもの

子どもにとってのお菓子は、成長する上で欠かせない栄養を補給するために必要不可欠なものです。

だからこそパパやママがしっかりと選んであげることが大切になってきます。

子どももおやつの時間はとても楽しいはずです、

親子の大切なコミュニケーションの時間にもなりますので、選ぶポイントに注意しながら楽しい時間にしていきましょう!

お菓子の食べ過ぎには注意ですよ!笑